企業家育成講座

 

 

さて、起業とは何でしょうか?

米国の財団、Ewing Marion Kauffman Foundationは、

『起業とは、勉強する人の最終到達点である。』

としています。

私たちは、勉強する人に対し、教育を通じて、人間の経済的自立を支援、推進しています。

私たちは、今般、起業家と経営者を支援する講座をスタートすることにしました。

 

講座の概要:

iBLS (International Business Learning System)は、企業家育成(起業家・経営者育成)講座を提供しています。

学問的には、起業家とは「自ら事業を興す人」で、企業家とは「企業経営に取り組む人」という意味です。iBLSの企業家育成講座は、起業家育成と企業家育成の両方に着眼しています。

企業家育成講座は、オンラインで受講でき、実際のビジネスを通してビジネスを学ぶ、全10回の講座で構成されています。

受講生は、受講中に実際に「食」のTakeoutビジネスを展開している会社と協同し、フランチャイズ展開のためのビジネスプランを作成・提案します。iBLSでは、これを"Capstone Project"と呼んでおり、受講生はこのプロジェクトの終了をもって講座修了となります。尚、提案が採用された場合、受講生は、講座修了後も引き続き、iBLSとの契約に基づいてこのプロジェクトに参加することができます。

また、受講中にこのビジネスプランを国内外の個人投資家あるいはベンチャーキャピタル会社に対してプレゼンテーションを行い、投資を集め、その企業の事業拡大を推進します。

受講生は、企業家育成講座を通じて実際の企業(ビジネス)を支援することを実践し、起業家が身につけるべき知識、ノウハウを吸収します。

大学の経営学専任講師が解説などを担当、個別指導し、Capstone Projectを、チームワークで進めます。

講座日時:

1講座50分で、原則毎日19:00から19:50まで実施されます。受講生が、自由に開始受講日を設定し、週1回、全10回の講座を受講します。但し、場合によっては講座が休みとなる日もあります。詳細は、iBLSにお問い合わせ下さい。

講座の要点:

  1. 起業とは <F.Q.: そもそも起業とは何か>
  2. 経営する人と経営しない人 <F.Q.: 経営する人は何を学習すればよいのか>
  3. ビジネスアイデアを考える <F.Q.: 起業する際、何から始めればよいのか>
  4. マーケティング <F.Q.: なぜ市場中心アプローチなのか>
  5. ファイナンシング <F.Q.: 経営資源「金」はどのように考えるのか>
  6. 組織 <F.Q.: 経営資源「人」はどのように考えるのか>
  7. オペレーション <F.Q.: 経営活動をどのようにしていくのか>
  8. 戦略 <F.Q.: どのように経営を進めていくのか>

F.Q. = Focused Question

講座の構成および内容についての詳細は、下記より、直接お問い合わせ下さい。

お問合せはこちらから。

定員:

10名。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

料金:

10,000円(全10講座分。消費税含む)

お支払方法:

下記より、直接お問い合わせ下さい。

お問合せはこちらから。

Comments are closed.